お客様の声が多数集まってきています!↑↑

サテライトサイトSEOとは?
4

本ページは、「超後発組でもブログSEOを効果的に行い、アクセスを爆発させる方法」について手順を1から詳しく解説させていただいているページになります。
世の中には、せっかく頑張ってブログを書いているのに、
正しいping送信をしていないために、本来稼げるはずであった報酬を取り逃している方が多いのが現状だと思います。

そこで、このページの目的はズバリ
あなたが本来、取得できるはずだった報酬の取り逃しを1円でも解消し、しっかり稼いでもらう」ことです。


そこでもし、あなたが下記に当てはまるようであれば大損しているかもしれません。
・無料ブログを使っているが、ping送信先をそのまま利用している。
・そもそもpingを変更できることを知らない
・ping送信先をたくさんネットで見つけたが、その効果がよくわかっていない
・ping送信ツールも試してみたが効果が出ているのかいまいち不明。

上記一つでも当てはまるならば、これからご紹介する方法で
ping送信による効果的なブログのインデックス方法を学び、
ブログでのロングテール戦略をしっかり実現し、あなたのブログがアクセスアップして報酬が倍増する事が可能です!

稼げている方は、しっかりpingを利用しています。
ですから、あなたも、ブログのアクセスアップをしてしっかり稼ぎたいのであれば、正しいpingの利用法を、学び実践する事こそが「報酬の取り逃しを少しでも解消ししっかり稼ぐ」成功率の高くなる方法ですので、何度も何度も本ページを読み込んでいただきまして、あなた自身に落とし込んでいただけますと幸いです。それでは早速内容に入って行きましょう!!

ブログで稼いでいる人が実践している秘密とは?

ブログで稼ぐためには検索エンジン対策が必須です。
そして、検索エンジン対策の行きつくところはインデックス化にあります。
インデックス化とは検索エンジンに自分のページを認識させる作業の事を言います。

もしあなたが、ブログをメインとするアフィリエイトで稼ぎたい人はインデックス化無くして稼ぐことはできないと思ってください!

あるキーワードで上位表示を一生懸命やる人がいますが、ブログでアフィリを行う場合には、
いかに検索エンジンにより多くのページを認識してもらうかが重要です。

アフィリエイトは企業の宣伝代行ですので、そもそも上位表示することが、非常に難しいです。

たとえば、あなたが商品名やサービス等でSEOをしても、そのリンクが向かっている、アフィリリンクのクリック先、つまり企業の商品ページには勝てません。

それに企業やスーパーアフィリエイターは独自ドメインでのSEOや広告に多額の費用をつぎ込んでまで、上位表示を果たそうとしますから、そもそも同じ土俵で戦ってはいけません。

後発組のアフィリエイターが取るべきは、ロングテール戦略になります。
つまり、企業が取りこぼしているニッチなキーワードでいかに検索対策が出来るかに有ります。


ロングテールで成功している企業にAmazon.comが有ります。
この事実は、オンライン辞書Wikipediaにもしっかり解説してあります。

ロングテールはオンライン小売店の一つであるAmazon.comを例に用いるとわかりやすい。
一般的に、ある特定の分野における売り上げは上位の20%が全体の80%を占めるという冪乗の法則(あるいは、20と80に限ってはいないがパレートの法則)に従っているとされている。
今までのオフライン小売店では在庫の制限などでこの上位20%に当たる商品を多く揃えなければならず、その他(80%)は軽視されることが多かった。
しかし、Amazon.comなどのオンライン小売店は在庫や物流にかかるコストが従来の小売店と比べて遥かに少ないので今まで見過ごされてきたこの80%をビジネス上に組み込むことが可能になり、そこからの売り上げを集積することにより新たなビジネスモデルを生み出した。そのことを説明する時に使われるのがロングテールである。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%AB



この説明だとちょっと分かりづらいので分解して考えてみることにしましょう、
ある商品についてアフィリエイトする場合を考えてみます。

下記、図1をご覧下さい。この図はロングテールを表しています。
38 図1

そして、ロングテールをさらに細分化していきます。
先ほどのamazonの例を当てはめてみますと、一般企業の扱い商品がになり売れ筋20%を占めます。
しかし、amazonでは売れ筋から外れた残りの80%を扱っているという形になります。図2の黄色の部分です。
39 図2

そして、このamazon戦略をあるアフィリエイト商品にあてはめていきます。
amazon戦略である80%の部分をさらに細分化しますと、スーパーアフィリエイターが青色、一般アフィリエイターが黄色のようになります。この図3では報酬の大部分を、企業とスーパーアフィリエイターで占めてしまっています。
40図3

そういった中で、後発組のアフィリエイターから商品が売れたとしましょう
この場合、売上の比率からするとほんの数%程度しかありません。図のオレンジ色の部分です。
41図4

ですが、こういった数%の売り上げを多数持っていたとしたらどうでしょうか?
ちりも積もれば山となるで、図5のように全体として大きな収益になるのです。

42図5


これがamazonが取っている「売上を集積」する成功戦略であり、
この成功戦略を後発組のアフィリエイターが取ることで、報酬を取っていくのです。



あなたはロングテールの激戦区から、少し離れた所にちょっとだけ食い込むだけでよいのです。
そして幸いな事に、ちょっとだけ食い込むのは簡単です。




それは正しいPingを利用することです。


そうするだけでAmazonと同様の戦略、ロングテールが実現し、あなたのアクセスと報酬は倍増するのです。


では正しいPingとは何でしょうか?これから詳しく解説していきます。

敵を知る前にまずは味方から!「Ping」ってなに?

Pingとはなにか?
ブログを更新するとPingを送って、とアクセスアップをするというのをなんとなく知っている方がいらっしゃると思いますが、ここではその仕組みについて詳しく解説していきます。

これから簡単に、pingの仕組みを説明しますね。pingはピンまたはピングと読みます。

pingの役割は一言で言ってしまうと
「私のブログを更新したので検索エンジンさん見に来てください」
ということなんですね。

■まず、pingは送信と受信によって成立します。
1、送信はブログ(正確にはRSSとping送信機能)
2、受信はping受信サーバー
ping受信サーバには下記のような所に設置されています。
・ブログ検索エンジン(ヤフーブログ検索、googleブログ検索など)
・ブログランキング(人気ブログランキング、くつろぐ、にほんブログ村など)
・ブログポータルサイト(Blog People、無料ブログのトップページなど)

ping送信するからには受信するところがあって、受信したところでどのように扱われるかによって
アクセスアップに大きな違いが出てきます。

■pingの仕組み
1、ブログを更新すると、同時にping送信が行われます。
2、ping受信サーバーで受信します。
3、今度は逆にping受信サーバーが、ブログの更新情報(rss)を取得しに来ます。
4、ping受信サーバーが取得した情報を加工して掲載します。
 *掲載先は検索エンジンやブログランキングなどです。


この4つのステップが完成して初めて「ping送信の成果が出た」と言えます。



更新pingとアクセスの仕組み
ではなぜ、pingを送信すると、アクセスアップに繋がるのか?
理由には大きく分けて2つあります。
1つ目は、
「ブログランキング」や「ブログポータルサイト」からのアクセスアップです。
ブログランキングにpingを送信するとブログの更新情報が表示されて、記事に直接リンクがついて、目立つ仕組みになっています。
更新情報を見た人が直接リンクをクリックしてアクセスします。
たとえば有名な人気ブログランキングでは下記のように
新着が目立つようになっています。
43
(*赤枠で囲った部分です。)

2つ目は、
検索エンジンからのアクセスです。
先ほどの「ブログランキング」や「ブログポータルサイト」
のように多くの人が集まる場所には、
検索エンジンのクローラーが頻繁に巡回しています。
そのような場所にブログの更新情報が表示されることにより、
そのリンクを辿って検索エンジンのクローラーが回って来やすくなります。
(*クローラーとは、検索エンジンが、ページ情報を回収するプログラムの事です。)

クローラーに発見されやすい場所に露出が増えれば増えるほど
検索エンジンへのインデックス登録率が上がります。
そのため、訪問してもらえる可能性も高くなるのです。
また、クローラーの中には自動的に徘徊するものだけではなく
人がクリックしたと同時にやってくる種類もありますので
やはり、多くの露出が有った方が有利になります。

もう一点重要なのがスピードです。
あなたと、同じキーワードで記事を書いていたライバルがいるとします。
そのキーワードで書かれた文章がまだ、検索エンジンに登録されてないとしたら、真っ先に出現したページを重視するという傾向にあります。

まとめますとping送信でアクセスを増やすにはなるべく大量になるべくスピードを速くこの2点が重要です。

こちらは非常に重要なポイントですのでしっかり押さえておいてください。


無料ブログでping送信する問題点
ping送信先は多くて速いという条件はご理解いただけたと思います。

ここまでお読みいただいて
あなたのping設定はいかがですか?
ほとんどの方は、pingの重要性がわからず

無料ブログが用意した初期設定のまま使っている方がほとんどなのではないでしょか?

中には
「いや私は、pingの重要性を知り、大量にping送信先を登録しているから大丈夫さ!」

そう思っている方、ちょっと待ってください!


実はこの大量にpingを送信することは、
サーバーに大きな負荷をかけてしまう行為なのです。

FC2やライブドアブログなどの無料ブログでは、
多くのユーザーが一つのサーバーに共存しており
日々、大量のping送信が行われています。

無料ブログの運営側としては
1人に掛かる負荷を制限して、多数のユーザーを1つのサーバーに詰め込む方を優先します。

結果、ping送信を途中で終了してしまう場合が多々あるのです。

ですから、100か所のping送信先を登録して送っているつもりでも、実際には途中の10個目で通信が滞り、その後11個目が無視されるということが現実に起きています。

ブログサービスによっては「失敗しました」と丁寧に教えてくれる所が有りますが、現在ping送信結果は出してくれない所がほとんどです。

また、負荷を軽減するために、無料ブログが最初からping送信を制限している所がほとんどです。
その証拠に、多くのブログ管理画面にはping送信の数が制限されていますと、書いてあります。

参考までに、下記はアメブロのping送信設定画面です。

44
赤枠で囲んでいるところで20個に制限されているのがお分かりでしょうか?


また、無料ブログで面倒なのがブログごとに毎回ping送信先を入力するという面倒な作業です。
通常無料ブログに設置してあるping送信先はメジャーで安全性の高いものを選択して入力してあります。
しかし、それだけでは足らないので、多くの稼ぐマニュアルにはping送信先をきちんと更新しましょうと書かれています。
あなたも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?
そうなってくるとブログを開設したらping送信先を全部新しいものに変更しなければなりません。
これは正直非常に面倒です…


pingの受信側の問題点
また、ping送信が失敗する原因には、送信側だけではなく受信側にもあります。
ping送信先は廃止や移転が多く、すでに使え無くなっている事が結構あります。

使えない送信先にいくら頑張って送信しても、まったく意味が有りません。

つまり、せっかく頑張って記事を書いたのに
全く更新していないのと同じだという事になってしまうのです!

ping送信先は現時点で生きているのか死んでいるのかを常に確認する必要が有るということになります。

こんな行為はpingスパムかも?!
■記事も更新されていないのにpingを定期的に送りまくる
この機能を有するping送信ツールが有るようですが、pingの持つ意味を考えるとスパムだということが容易に理解できます。
pingの役割は分かりやすく言うと
「ブログを更新したので検索エンジンさん見に来てください」
ということになりますので
pingを受信した検索エンジンがあなたのブログを見に来て
「なんじゃ?前と変わらんじゃないか」
となってしまいます。
それが頻繁に続くと、当然それ以降は無視されるのは必至ですよね。

■短期間にpingを送りまくる。
ボタンを押すだけでping送信するツールが存在します。
あまり知識のない方はpingは、送りまくればよいのだと勘違いして、ボタンを短期間に何度も押してしまいます。
これは、ping受信側にも負荷がかかるので、迷惑行為にあたります。
事実、ヤフーブログ検索のping受信サーバーは前のping送信から最低でも30分は開けて送るようにしてくださいとヘルプに明確に書いてあります。
同一アドレスのRSSファイルに関するPING受信は30分に1回までです。それ以上の頻度で送信されたPINGは受け付けられません。
45
http://help.yahoo.co.jp/help/jp/blog-search/blog-search-18.html

■新規記事ではなく更新しただけなのにpingを送ってしまう
これはある無料ブログに起こる現象なのですが、
大半のブログが新しい記事を追加しときのみping送信するのに対して、文字編集をして保存をするたびにping送信をしてしまうブログが今でも有るのです。
これだと、ping送信が短期間に何度も送られてしまいスパムになりかねません。

これだけは覚えておいてほしいpingの要点をまとめました。
pingについてまとめると
  • ■amazonのロングテール戦略でブログを運営するにはpingは必須だ
  • ■ping送信は成功するならば多い方が良い。(量重視)
  • ■ping送信は記事更新したらすぐに送信したほうが良い(スピード重視)
  • ■無料ブログでは、負荷軽減のためping送信を制限しているので気を付ける
  • ■ブログを開設したらping送信先を全部新しいものに変更するのが面倒だ…
  • ■ping受信サーバーは廃止や移転が多いので頻繁に入れ替えが必要。
  • ■正しいping送信を行わないと記事を更新していない事と同じである。
  • ■pingスパムが有るのでやらないようにする。

これはpingの基本ですので是非覚えておいてください。



おつかれさまでした!


今ご説明したことをキッチリ守ればあなたのブログにアクセスを流すのは簡単です。是非実践していただく事をおすすめします。

さて!

Pingの重要性と問題点はご確認いただけましたでしょうか?


ココでこのページを読んでいただいている方に朗報がございます!


これらのping送信の問題を一気に
解決してしまったツールが存在し、
そのツールが無料で試せる
という話にはご興味はおありでしょうか?


YESであれば
この先を注意深くお読みください!


4



このpingサービスの開発にあたり、ネットビジネスで第一線で活躍されている方に激しく利用いただき、
厳しいご要望とお知恵をいただきながら開発をしました。

ですので、実戦で通用するシステムに仕上がっています!!

このPINGサービスが他と違う理由

■違いその1■スパムを徹底的に排除をします。

当pingツールはPCソフトではなくサーバーで動くツールになります。
従いまして、誰かがスパム的な利用をしてしまうと、利用しているみなさんに影響が出てきてしまいます。
ですから、考えられるスパムはすべて排除した上でサービスを展開します。

■記事を更新した時だけping送信する
ping送信ツールの中には、記事も更新されないのに、pingだけ送信し続けるツールが存在しますが、当サービスではそのような事はしません。

本当に記事が追加されたときにのみpingを送信するようにしています。

【チェック項目】
・新しいブログURLが追加されていること
・かつ、更新日時が前回ping送信日時よりも新しいこと
・また、RSSの中に広告が入っているブログが有るのでそれは省く
 (アメブロやseesaaなど)
・未来の日時の記事に関しては、その時間が来るまで送信しない

■前回のping送信から45分以上経過しないとping送信しない
ヤフーブログ検索のヘルプには下記のように記述してあります。

同一アドレスのRSSファイルに関するPING受信は30分に1回までです。それ以上の頻度で送信されたPINGは受け付けられません。

上記の理由により大事をとりまして当システムでは45分以上経過した場合としました。

■違いその2■無料ブログ側の設定は不要です

ping送信先を目的別に2つに分けて有ります。

事務局が用意した60か所以上のping送信先がお使いいただけます。
46
事務局で効果の高いとされる送信先を定期的に入れ替えを行っています。

あなたの無料ブログで登録されているping送信先の中に、すでに「共有ping送信先」で登録されているものと同じ、送信先が有る場合には「共有ping送信先」から除外することもできます。


ブログ個別に固有ping送信先を登録できます。
他人が使わないping送信先を「個別ping送信先」と呼びます。
これは「人気ブログランキング」などから発行される、あなただけのping送信先の事を指します。
47

上記2つのping送信先は、各ブログ毎に個別に設定することが出来ます。


そして、当システムは無料ブログで設定してあるping送信先を
コピー&ペーストして設定することで
1、「共有ping送信先の多重チェックと排除」
2、「個別ping送信先への新規登録」
が同時にできてしまいます。

つまり、
事務局で用意したping送信先が気に入らない場合には引き算をすることができ
自分で見つけたping送信先を付け足す足し算をすることができるので

まさに手間をかけずに最大の効果を発揮することが可能なのです!

■退会した後は無料ブログ側の面倒な設定は何もいりません。
足し算システム・引き算システムにより
当システムを退会することになっても、無料ブログ側の設定は何も変更していないので、
退会後に無料ブログで再設定する必要が有りません。

安心してご利用いただけます。

■違いその3■ping成功率を全部公開します。

ブログ個別送信ログ
同時にユーザーのブログ記事毎のping送信結果も記録しています。
キッチリシステムが仕事しているのか確認できます。
49

システム全体の送信ログ
利用者全体のping成功率をリアルタイムに公開しています。
システムの信頼性を常にチェックすることが出来ます。
48
*こちらは有料会員様のみの機能になります。

■違いその4■運営体制を厳しくしています。

共通ping送信先は、常に最新の情報に差し替えられます。
まずは、スタッフの手による情報更新作業を行います。
そして、ユーザーから投稿された新しい送信先を皆で共有・テストして、送信率が高く信頼性の高いping送信先と認められた場合には採用して共有ping送信先に追加します。

スパムサーバーを交換します。
このPINGサービスは、極限までpingスパムを排除したシステムになっております。
ping送信のみを行うサーバーは管理画面のサーバーとは切り離して設計してあります。
従いまして、実際にping送信するサーバーが、たとえスパム認定されたとしても、事務局が新しいサーバーをレンタルし、スパム要因のブログを排除した上で移転します。まじめに使われているユーザーの皆様には安心してお使いいただける環境をご用意いたしました。
1年以上サービスを行っていますがいまだ取り替え実績はありません。

サーバー負荷分散
また、ユーザーが増えたことにより負荷が掛かってきた場合にも、稼働サーバーを多数借りて分散して作業させるようにします。
常に快適な状態を保つように事務局で管理します。

■違いその5■導入が超簡単です。

導入は登録するだけでお使いいただけます。

パソコン上で動くソフトではないので、インストールが不要です。

サーバー設置型のレンタル方式ですので、ユーザー登録するだけで利用することが可能です。

また、設定はブログのURLを入力するだけの簡単設定ですので、設定時間は1つのブログあたり8.3秒で終了。

10個のブログ登録でも3分も掛かりません。


しかも、サーバー設置型ですので、24時間365日あなたのブログを監視し続けることが出来ます。


つまり、一度設定すればその後は殆ど設定の必要がなく
あなたは記事を更新することに専念する事が出来るのです。

このシステムについては有名アフィリエイターや有名起業家様から声をいただきました!

SEOに重要なのは、何といっても「インデックス数の確保」です。
ページを作っても検索エンジンに認識されなければ、ページが存在しないと同じです。

ですから、なんとかして検索エンジンに認識してもらわないといけません。
そこで、今回ご紹介するのが「ping送信ツール」です。

例えば送信率を高めるためにバックテストもかなり行いましたし、
運用して得たノウハウ等も随時適用してきました。

その甲斐ありまして、利用者の方に喜んでいただいております。

51ひで蔵です。

このPINGサービスを正式利用する前に
自分でもいろいろと検証してみました。

無料ブログ側で登録しておいた送信先に
PC上から送信するツールで送信してみると、

出るわ出るわ、
届いていなって(爆)
正直、びっくりしましたよ(苦笑)

なので、
このPINGサービスを利用をきっかけに
無料ブログ側の設定は、全て削除しました。

送信結果も分かりませんし、
どんなふうに送信されているかも分かりませんし、
どうせ、届いていないだろうと思っています(苦笑)
PC上のツールで届かなかった所も
このPINGサービスでは、ちゃんと届いています。

私は、実験的に、
ブログでは無く、サイトで試してみました。




すると・・・
Googleでのインデックス数にかなりの違いがありましたよ(^^)


PING送信していないサイト
54
インデックス数は20件。


PING送信したサイト
55
なんと213件。


インデックス数が多いサイトは、
PING送信することも考えて
ちょっとだけサイト作成の行程を工夫しましたが

こんなに差が出たことに、正直、驚きました。


PING送信、今まで、甘く見ていました(苦笑)



52吉川さん

システム全体の送信ログについて、送信回数とその内の成功回数・失敗回数・成功率と
全て随時確認できる点は感心しました。


今まで使ったping送信サービスはここまでの具体的な結果は出ていませんでした。
あっても「成功・失敗」のみ表示とか泣

本当に送信しているのかも分からないような感じでしたが、
このこのPINGサービスのログについては


送信回数 成功回数 失敗回数 成功率
7124回 7124回 0回 100%

というように具体的に表示されているので安心感はあります。

また、ping送信の半分以上が100%届いているというのが驚きでした。
他の結果にしても低くても70%は超えているので今までのサービスに比べると段違いと思います。



53ZIGさんのブログ
ブログ・メルマガで稼ぐアフィリエイト戦略対策室
http://zigstyle.biz/

ZIGです。お世話になります。

このPINGサービス、私も利用させていただいて感じましたが
本当に運営体制がしっかりしていますね。

このPINGサービスの大きな魅力である
異常なほどのPING送信成功率の高さも、
サーバーのしっかりとした管理があってのことだと思います。

やはりお金を払う以上、PINGがしっかり送信されているのか?
利用する側としては、そこは常に気になるところです。

その部分を常に公開してくれていますし、
情報の更新を常に行なってくれるというのは
非常にありがたいですね。

また、サポートへの問い合わせに関しても、
非常にレスポンスが早く、信頼出来ると感じています。

PING送信の効果も確実に感じられてきていますので、
是非これからも利用し続けて行きたいサービスです。



50「導入が超簡単」につきまして、くりMOの販売をプロデュースしたT.H.P 河野和也さんよりコメントをいただきました。

導入は本当に簡単でした。
ログインしてブログ登録画面へ移動して登録したいブログのURLを入力するだけ。
あとは、すべてこのPINGサービスが行なってくれます。

あなたがするのは登録するブログURLを入れるだけです



いかがでしたでしょうか?

有名アフィリエイターや情報企業家の方々からのコメントとともに

このPINGのシステムが他社のping送信ツールとどこが違うのか

についてご確認いただきました。

正直ping送信の効果はわかりにくいのできちんと見える化を行いました。

ping送信は、ある日を境に劇的にアクセスが上がるというものではなく
日に日に徐々に上がっていくものなので比較が難しいと思います。
実感しにくいので、pingの重要性や必要性を感じる人が少なく何となくpingを設定している人が多いのが現実です。

しかし、あなたはこのページをここまで読んでいただけました。
ですので、pingの重要性や効果についてご理解いただけていると思います。



pingは正しく活用しないとアクセスアップはありえません。
ですので効果のわかりにくいpingサービスで見える化を実施しました。
  • 本当に記事を感知しているのか?
  • 本当にping送信をしているのか?
  • その成功率がわかるのか?
この点についてこだわっております。

56

このツールを利用すればあなたの悩みが解消します。

ping送信の問題点と悩み
  • ■ping送信は成功するならば多い方が良い。(量重視)
  • ■ping送信は記事更新したらすぐに送信したほうが良い(スピード重視)
  • ■無料ブログでは、負荷軽減のためping送信を制限しているので気を付ける
  • ■ブログを開設したらping送信先を全部新しいものに変更するのが面倒だ…
  • ■ping受信サーバーは廃止や移転が多いので頻繁に入れ替えが必要。
  • ■正しいping送信を行わないと記事を更新していない事と同じである。
  • ■pingスパムが有るのでやらないようにする。

4


このツールを利用すればあなたの悩みが解消します。
  • ping送信先は常に最新の60か所以上を提供します。
  • ping成功率を全部公開します。
  • 1ブログ当たり1日60回以上巡回してあなたのブログを監視します。
  • ping送信サーバーは高スペックの専用サーバーで余裕をもって動作しています。
  • ツールに新しいブログURLを登録するだけで入れ替え完了です
  • 送信先は常に最新版を事務局でアップデートします。
  • 記事を更新した時だけping送信します。
  • 徹底的にスパムを排除し、安全な通信のみを行います。
  • 万が一、スパム認定された場合即送信元サーバーを取り替えます。
  • 導入が簡単で申し込み後10分程度で設定が完了します。


つまり、最適にチューニングされた最新のping送信システムにより
ping送信の効果を最大限引き延ばすことができるのです。

あなたは無料ブログに付属しているping機能は使わずに
「当サービス」に変更して、ブログを更新してさえすれば
インデックス数の違いはどんどん出てくるはずです。

まさにアフィリエイトに必須のシステムであり
使っているのと使ってないのとでは今後ますます差が出てくるでえしょう。

インデックスが違ってくれば稼ぎは加速します。

もしあなたが1ページあたり1か月で100円稼げるブログを所有していた場合

100ページ作ったのに半分の50しか検索エンジンに
認識されていなければ、稼ぎは5000円です。


ですが、その80%が認識されていた場合

稼ぎが8000円です。

同じ労力をかけているのに3000円も違いが出てきてしまいます。

57


先ほどから「インデックス数が重要です」と盛んに説明してきましたが

インデックス数が増える=稼ぎが増える

という事がご理解いただけると思います。

稼ぐためには「ブログ量産」だという人は多いのですが
量産の前に1つのブログあたりの単価を上げる事の方が、
はるかに重要だと思いませんか?




もし、あなたが、今回ご利用を開始したならば…

  • ・ライバルアフィリエイターに一歩差をつけることができます!
  • ・非常に効率的なping送信管理をすることができます。
  • ・SEO測定によりブログを判別し、投資効果の高いブログ運営が出来ます!
  • ・ライバル調査も毎日自動的に行い改善ヒントを得ることが出来ます!
  • ・ping送信の見える化できちんと管理することができるようになります。

しかも、面倒なアップデートは全部お任せです。
  • ・常に最新のpingシステムに自動更新します。
  • ・全ユーザーでテストされた成功率の高い送信先に自動更新します。
  • ・ping送信負荷測定を行い常に安定したサーバーを供給します。
  • ・徹底的にスパムを排除し、安全な通信を行うようシステム更新します。
  • ・万が一、スパム認定された場合即送信元サーバーを取り替えます。

いかがでしょうか??

それではお待たせしました!こちらから登録で無料でお使いいただけます。

今回無料お試しにご登録いただいた方にはさらに突っ込んだノウハウをお伝えします。
・pingをさらに活用するノウハウメールを送信させていただきます!
ここでは書ききれなかったノウハウや利用法などをメールにてお届けいたします。
このノウハウメールをきちんと読んで実行していただければさらに確実なping送信を活用することができますので、ぜひご注目ください。

登録すると利用できる内容
有効期限が切れるまで、有料で提供している5つブログを登録していただくいことが可能です。
有効期限が切れたとしても、勝手に有料化する事はありません
有料会員へアップグレードするにはご本人自らがお手続きする形式ですので安心して無料利用開始をしていただけます。
*お試し期間中は費用は一切掛かりません!

お試し利用にあたりご注意いただきたいことをご確認ください。
1、ご利用は一人につき1回までとします。
今すぐ下記より無料登録をしてください。



今すぐ無料で利用する!
4

今すぐホームページ作成ソフトを試す

良くあるご質問

申込後、どのくらいで利用可能ですか?

申し込みはオンラインで行いますので登録後すぐにお使いいただけます。
 受信可能なメールアドレスをご用意ください。


アフィリエイトサイトの登録は可能ですか?

はい、可能です。ただし、アダルトは禁止しています。


ツールはどのようにして利用するのですか?

インターネットに接続するだけでBe-PINGをご利用いただけます。
 (ブラウザは、Internet Explorer 7.0以上をサポートしています。)
 また、ソフトをインストールする必要がないので、簡単に導入することができます。


退会する場合はどうしたらよいですか?

退会フォームがございますのでそちらからお手続きください。

いつどのタイミングでPING送信するのでしょうか?

あなたのブログが更新されましたらping送信します。
1、仕組みとしてはあなたのブログが更新される。
2、あなたのブログのRSS情報を当システムが自動感知する(記事が増えた場合)
3.当システムよりあなたのブログのpingを送信します。


ツールを使うにはどの程度のスキルが必要ですか?

Eメールが出来ればOKです。

自分(お客様ご自身)でPING送信先の登録を行い、設定することは可能ですか?

はい、当方で用意したping送信先を選択することができます。この機能により無料ブログ側で設定した送信先をOFFにする事ができるため、当システムと多重で送信することが無くなります。
退会後も無料ブログの方で設定し直す必要が無いためとても便利です。
しかも、ブログ毎に設定可能ですし、追加でブログランキングなどの固有ping送信先も追加で記入できます。

サポートは行っていますか?

はい。有料会員様にのみメールでサポートを行っています。電話でのサポートは行っておりません。



今すぐ無料で利用する!
4

今すぐホームページ作成ソフトを試す

更新履歴

2014/01/24有料会員を更新しました。
2012/10/09【2-6】ブログ一覧を更新しました。
2012/06/28Q&Aを更新しました。
2011/12/16導入方法を更新しました。
2011/12/08お客さまの声を更新しました。
RSS